愛媛県松山市の「はりきゅう専門」の鍼灸院 松前町からのアクセスも便利
ホーム

月経前症候群(PMS)

 

症例1 のぼせ、イライラ、倦怠感
来院者

35歳 女性 伊予市在住

来院

2017年7月

症状

半年前から生理前のイライラ、のぼせ、倦怠感がひどくなってきた。また、出産後(4年前)から腰~骨盤にかけての痛み、右の鼠経部の痛みがあり、子どもを長時間だっこできない。鼠径部は立っていられないくらい痛い時もある。そのほか肩こり、頭痛なども生理前に増悪する。

 

生理の周期は28日で安定している。生理の2週間前からイライラやのぼせがひどくなり、生理3日前に楽になる。その後生理中も症状はない。

 
施術内容と経過

生理前にイライラ、のぼせ、倦怠感が増悪することから月経前症候群が疑われた。腹部を触診すると、おへそから下のエリアに硬さと圧痛が確認できた。特に硬さの強い右側のエリアに絞って、正常な硬さに戻るよう足のツボに鍼を行った。また、腰の痛みには整体(活法)を行い動きやすさを感じたところで終了した。

 

3日後(2診目)、前回の後、肩こりと腰痛は改善し歩きやすくなった(足が前にでるようになった)とのこと。腹部を確認し、初回と同様に足のツボを用いて骨盤内臓器の循環を促すよう施術した。

 

10日後(3診目)
本来ならのぼせ、イライラ、倦怠感が出始めている時期だが、のぼせが1日あっただけで、その他の症状も出ていないとのこと。同様の鍼施術を行った。来院は少し間隔をあけて定期的にチェックすることにし、一旦終了とした。

使用したツボ

三陰交R 太衝R 後谿R 志室R

まとめ

訴える症状と腹部所見に関連が認められ、腹部の弾力性を正常に戻すことを施術の軸とした。初回後の症状軽減で方針が間違っていないと確信し同様の施術を3回行った。施術を重ねるごとに腹部の硬さがやわらいでいくことが確認できた。

 

肩こり、腰痛、のぼせ、イライラ・・と個々の症状にそれぞれ対応していれば、おそらく今回のように早期に回復することはなかったと思われる。症状を総合的に判断できる広い視野が重要だと再確認できる一例だった。

 

  • 0120-696-630
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2017年8月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    • 休日
  • LINEからのご予約もOK
    LINEからのご予約もOK
  • オフィシャルブログ
    スタッフのブログ
  • はりパパ日記
    はりパパ日記
  • アクセス
    松山市古川北4丁目6-28 第五椿マンション1F
  • ご来院地域

    【愛媛県】
    松山市 東温市 砥部町 久万高原町 伊予市 松前町 西条市 今治市 新居浜市 四国中央市 内子町 大洲市 宇和島市 八幡浜市
    【高知県】高知市 南国市
    【香川県】高松市

  • お気に入り
  • 施術の感想
    口コミサイト「エキテン」へ投稿頂いた感想です。
Twitter