愛媛県松山市の「はりきゅう専門」の鍼灸院 松前町からのアクセスも便利
ホーム

膝の痛み

膝の痛み

膝の痛み

th_2015821mn-298

膝関節の痛みは鍼灸院でもよく見られる症状の一つです。その原因となる疾患は非常に多く、スポーツ傷害ケガ(外傷)加齢による退行変性、関節リウマチなどの炎症性疾患など多岐にわたります。

 

今回は当院に来院されている方にも多い変形性膝関節症について解説し、当院での施術方法をご説明します。

変形性膝関節症とは?

加齢に伴い、軟骨などの関節の中にある組織が変性・破壊をきたし関節機能の障害に至る複合的な疾患といえます。男女比は1:4で女性に多くみられ、年齢は40代以降高齢になるほど罹患率は高くなります。

原因

加齢による関節軟骨の老化や、靭帯や半月板の損傷による後遺症として発症することがあります。使い過ぎにより軟骨がすり減って関節が変形します。

症状

初期は関節のこわばり程度ですが、徐々に歩きはじめやイスから立ち上がる時など「動作を開始するときの痛み」が現れます。痛みはそのまま持続するわけではなく、休めば痛みがなくなることもあり、軽快したり増悪したりを繰り返して次第に悪化していきます。

062339

 

 

・動き始めに痛くなる

・正座や階段の昇り降りで痛くなる

・膝をしっかりと曲げたり、伸ばしたりできなくなる

・膝が張れる(炎症)

 

病院での対処方法

基本的には保存療法を行います。関節のまわりの筋肉が萎縮している場合は筋力訓練を指導します。関節の安定化を目的に理学療法を行ったり、薬物療法やヒアルロン酸の注射をします。重度の場合には骨切り術や人工関節置換術など手術が行われます。

当院での施術

当院では活法(かっぽう)という古武術整体と、そこから派生した鍼灸術である整動鍼を行っています。共に筋肉の連動を回復させることを得意とした施術です。

 

膝の痛みに対する前に、なぜ膝に変形が起こってしまったのか?なぜ変形が進行するのか?膝に負担がかかってしまう原因を解決しなければ変形は止められないと考えます。また、膝周囲の筋肉の張力にアンバランスが生じると膝がしっかりと伸びず関節の負担が増します。kotuban

 

 

・膝への負荷(重力と地面からの突き上げ)

・膝周囲の筋肉のアンバランス

 

 

 

 

膝への負荷は「重力」によるものです。左右の脚へ均等に重力がかかれば問題はありませんが、左や右に偏った場合、その重力は膝にとっての負荷となります。その偏りは骨盤や股関節の左右差によって起こります。

 

まず、骨盤股関節の左右差を調整することで、膝の負荷を減らす施術が必要だと考えます。また、足底のバランス調整を行うことで、しっかりと重力を受け止めらる土台を作ることができ、膝への負担を減らすことができます。

 

このように、骨盤、股関節、足の調整を行った上で膝周囲の筋肉の緊張を緩和させる施術ができれば症状の改善へつながると考えます。

 

≫膝痛の症例

施術料金

初検料 2,000円(税込)

あなたの今の状況を細かくカウンセリングさせていただき、原因を特定するために身体の動きなどを細かく検査します。そのために初検料として初回のみ頂いております。

 

施術料 4,200円(税込)

あなたの身体を鍼灸と整体で調整します。(おおよそ30分前後)

鍼灸院めぐる5つの特徴

1. 原因の追究

250当院の施術は、痛みやコリのある場所(症状)にとらわれず、原因と考えらることに目を向けています。痛み(症状)のある部分に原因があるとは限りません。

 

したがって、痛いところやご自身がつらいと感じている部分を安易に施術することは、その場しのぎの対処となる可能性があります。

 

その時だけラクになるのではなく、施術後のラクを求めているお客様のお役に立ちたいです。全身に目を向け、あなた自身が気付けない「原因」を探ることが私の仕事だと考えています。

2. 問診を重視

お客様の訴えるお悩みをしっかりと聴き、250あらゆる情報の中から最適な施術や指導ができるよう、施術の前にあなたの状態を把握していきます。

 

 

 

3. 空間へのこだわり

250当院は清潔感があり、落ち着ける鍼灸院を目指しています。整体院にありがちな殺風景で冷たい雰囲気にならないよう照明、壁紙、床などにもこだわり、温かくリラックスできる空間を設計しました。

 

 

 

4. 古武術整体「活法」と「整動鍼」

当院で行う施術は、古来より伝わる整体である活法(かっぽう)がベースとなっています。また活法の理論を受け継いだ鍼灸術である整動鍼という手法も用いています。

 

kappo 当院は「活法研究会」認定院です。

・動きやすい体
→活法では「治す」という意識は持たない。動きやすい体を作ることで結果的に「治ってしまう」と考える。痛いから動けないのではなく、動けないから痛いと考える。

・即効性

→活法は戦国時代から伝わる。武術の表が殺法、裏が活法であった。戦の場面で負傷者に施す術として用いられ、負傷した兵をすぐに戦に戻す必要もあったため、すぐに傷を癒し動ける医術が求めれていた。

5. アフターケアの充実

いくら良い施術を受けたとしても、普段の250活が変わらなければ、同じ症状を引き起こす可能性は高いです。日常生活にある問題点を共に見つけて、ご自身でできる簡単なセルフケアをすることで、回復に大きく前進します。

 

 

 

 

追伸

膝の痛みに苦しむあなたへ

hp8

当院では、症状のある部位(痛いところ)だけにとらわれず、その症状をおこしている原因を探す姿勢で施術を行っております。

 

膝の痛みや類似の症状にも、体の構造や筋肉の連動から考えられる原因を見つけた上で施術を行っておりますので、病院や整体院などで改善しない場合であっても諦めず、ぜひ当院の施術を受けてみてください。

 

      鍼灸院めぐる 院長 谷口一也

アクセス

tani2 (1)

 

Google Map

  • 0120-696-630
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2017年8月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    • 休日
  • LINEからのご予約もOK
    LINEからのご予約もOK
  • オフィシャルブログ
    スタッフのブログ
  • はりパパ日記
    はりパパ日記
  • アクセス
    松山市古川北4丁目6-28 第五椿マンション1F
  • ご来院地域

    【愛媛県】
    松山市 東温市 砥部町 久万高原町 伊予市 松前町 西条市 今治市 新居浜市 四国中央市 内子町 大洲市 宇和島市 八幡浜市
    【高知県】高知市 南国市
    【香川県】高松市

  • お気に入り
  • 施術の感想
    口コミサイト「エキテン」へ投稿頂いた感想です。
Twitter