愛媛県松山市の「はりきゅう専門」の鍼灸院 松前町からのアクセスも便利
ホーム

下痢(過敏性腸症候群)

症例1
来院者

20代 男性 松山市在住

来院

2017年5月

症状

腹痛。お腹の痛みや調子が悪いと意識し始めたのは中学生の頃。病院で大腸内視鏡検査を受けるが異常なし。お薬はイリボ―、ブスコパン、ロキソニンを処方されているが、症状が特にひどい時と旅行など大事な用事の時のみ服用し、普段はあまり薬は飲んでいない。

食後のお腹の痛み、残便感が頻繁にあり、ガスもよくたまる。日によって差はあるが、朝と夜が特にひどい。また、お腹を触ると冷えていると感じる。

施術内容と経過

お腹を触診すると、おへその左側に縦に強い硬さを感じ、軽く押しただけでも痛みを感じる。また、おへそ~下腹部にかけて冷えあり。硬さや冷えの強いところに対応した手足に鍼をする。すると、下腹部の触診時の痛みはなくなる。おへそ横の硬さは深い部分には残るが表面の硬さは取れたため、初回は終了とする。

 

2診目より、横になった時にみぞおちあたりに気持ち悪さもあるとのことで、胃の調子も一緒に施術を行う。4診目では1日調子が悪い日があっただけで、調子よい日が多くなる。おへその横の硬さもだんだんと少なくなってきているのがわかる。(週2回の施術)

 

5診目は施術の間隔を1週間あけた。2日程ゆるい日はあったが、概ね形のある普通便が出ている。便が残った感じもお腹の張りもほとんどなく、ゆるかった2日間以外は調子よく過ごせていた。

 

6診目、2週間の間隔を空けたがいい調子が続いている。生活に支障がなく過ごせているので終了とした。

 

【IBSチェックシートの点数推移】(ふくぎ鍼灸院独自のチェックシートを使用)

 
使用したツボ

陰陵泉L、上巨虚L、曲池L、合谷LR、漏谷LR

まとめ

おへそ左横の硬さが症状を悪化させている原因と考えた。腹部を柔らかくすることを中心に施術を行った。硬さが減少するにつれてガスの溜まった感じ、腹痛の頻度、急な便意なども軽くなった。毎回のチェックシートの記入にて体調の確認を行い、客観的にも改善の様子が伺えた。本人も調子良い日が続いていると実感できたため終了とした。

  • 0120-696-630
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2017年7月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    • 休日
  • LINEからのご予約もOK
    LINEからのご予約もOK
  • オフィシャルブログ
    スタッフのブログ
  • はりパパ日記
    はりパパ日記
  • アクセス
    松山市古川北4丁目6-28 第五椿マンション1F
  • ご来院地域

    【愛媛県】
    松山市 東温市 砥部町 久万高原町 伊予市 松前町 西条市 今治市 新居浜市 四国中央市 内子町 大洲市 宇和島市 八幡浜市
    【高知県】高知市 南国市
    【香川県】高松市

  • お気に入り
  • 施術の感想
    口コミサイト「エキテン」へ投稿頂いた感想です。
Twitter