愛媛県松山市の「はりきゅう専門」の鍼灸院 松前町からのアクセスも便利
ホーム

顎関節症

≫症状解説ページはこちら

症例1
来院者

21歳 女性 松山市在住 会社員

来院

2017年6月

症状

5年前(高校生)から右顎の痛みがある。特に食事中に痛みを感じる。歯科でスプリントを製作し使用しているが症状に変化はない。日中には食いしばりも感じる。口は半分ほど開けると右顎がゴキッと音がなり、無理をすると開けられるが痛みもあるので半分以上開けられない。顎の痛みが出始めた頃から頭痛もある。頭の後ろやこめかみに痛み(両側)を感じている。

 
施術と経過

右の首すじや右の肩甲骨の周囲に顕著なコリがあった。肩甲骨の動きと顎の動きには関連があるため肩甲骨の動きを改善させるツボへ鍼をした。また、顎の筋肉のコリを緩めるために脊柱のツボを使った。

 

5日後の来院では顎の痛みが軽減し、「食事の時に両顎が同じように動いている感覚だった。」と喜ばれていた。2回目も同様の施術を行い、1週間後にはほとんど痛みもなく食事がとれるようになった。

使用したツボ

外谷R T3(1)R 肩参R

まとめ

顎の動きが悪いと肩甲骨も同様に動きが悪くなり、凝りが目立ってくる。施術は顎の周りの筋肉を直接緩めるのではなく、肩甲骨の動きをよくして顎の負担を減らすことを目的とした。原因に対する鍼施術が行えたことで、長年苦しんでいた症状を短期間で解消することができた。

症例2
来院者

30代 男性 伊予市在住

来院

2017年6月

症状

最近、口を開けた時にずれるような感覚と痛みがある。口を閉じようとした時にガクッと音がする。また、首がコリコリして痛みがあり日によっては頭痛もある。顎に違和感を覚えたのは10年前。治療方法を探していたところ当院のサイトをみて来院した。

 
施術と経過

首や肩のこりを感じていること、顎関節の痛みは首や肩のこりが原因になっていることがあるため肩こりの施術を行う。肩が緩んだのを確認し、顎の関節のために手首に鍼をすると、顎の痛みが減少する。最後に背中に鍼をしたら、「カクッ」と音は残るが、痛みはなくなったため初回の施術は終了する。

 

2診目(1週間後):首の痛みもなくなり、音は気になるが顎の痛みもほぼなくなる。前回の施術前は、偏頭痛のような頭痛もあったが、この1週間は頭痛も出ていない。前回同様に施術を行う。口も開けやすくなり、カクッという音も減少する。口を開けた時の痛みもなくなり、生活への支障も出ていないとのことなので、2回の施術で終了とする。

使用したツボ

養老L、肩参L、合谷L、T7(1.5)L

まとめ

鍼が初めての方で緊張感が伝わってきた。しかし、1本2本と刺すにつれ緊張もほぐれ、鍼の効果に対する驚きへと変わっていったのが印象的だった。顎の痛みと関連する肩のこりを見つけ、最低限の刺激(鍼の本数)で施術できたことが早期の回復につながった。

 

  • 0120-696-630
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2017年7月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    • 休日
  • LINEからのご予約もOK
    LINEからのご予約もOK
  • オフィシャルブログ
    スタッフのブログ
  • はりパパ日記
    はりパパ日記
  • アクセス
    松山市古川北4丁目6-28 第五椿マンション1F
  • ご来院地域

    【愛媛県】
    松山市 東温市 砥部町 久万高原町 伊予市 松前町 西条市 今治市 新居浜市 四国中央市 内子町 大洲市 宇和島市 八幡浜市
    【高知県】高知市 南国市
    【香川県】高松市

  • お気に入り
  • 施術の感想
    口コミサイト「エキテン」へ投稿頂いた感想です。
Twitter