愛媛県松山市の「はりきゅう専門」の鍼灸院 松前町からのアクセスも便利
ホーム
ブログ

お子様と一緒に来院されるお母さんへ

" 鍼灸の疑問, はじめての方へ "

2016年6月11日

お子様と一緒に来院されるお母さんへ

院長の谷口です。

 

当院は、20代から40代の女性の来院が比較的多い鍼灸院です。お子様のいらっしゃる女性も来院されています。

 

お子様と一緒に来院される場合にも対応できるよう、キッズスペースを設けております。キッズスペースには、積み木などのおもちゃや本、「お母さんといっしょ」などのDVD鑑賞も可能です。

 

DSC04158

 

DSC04170

 

3歳以上であれば、施術している間、キッズスペースで待てるお子様もいらっしゃいます。またスタッフも受付から見守ることができますのでご安心ください。

 

施術中のお母さんの様子をキッズスペースからも見られるようになっています。他の患者様がいない時には、カーテンを開けたり、ある程度行き来できるようスタッフや私も見守ることもできます。

 

DSC04160

(キッズスペースから見た施術ベッド)

 

 

受付からキッズスペースが見えるように「のぞき穴」もあります。

 

DSC04166

0歳~2歳のお子様と来院される場合

産後の骨盤調整や、産後の腰痛、腱鞘炎で来院されるお母さんもいらっしゃいます。お子様と一緒に来院される場合は、お子様はベッドサイドで遊んでもらうようにしています。

 

また、0歳の場合は当院にあるバウンサー(ベビービョルン)を使ってもらっています。

 

この日も腱鞘炎で通院されているお母さんと一緒に7ヶ月の女の子がバウンサーに揺られつつ、お母さんの施術を見守ってくれていました。

 

DSC04122

 

DSC04143

 

当院は女性スタッフの西村と私の2名体制です。ただ、同じ時間帯にそれぞれ施術を行っていることもありますので、お子様と一緒に来院される場合は、予約時もしくは当日でも結構ですので、事前にご連絡をください。

 

出来る限り、施術者ともう一人のスタッフがサポートできる体制でお迎えしたいと考えております。

注意点

当院は託児体制を整えているわけではありません。施術に集中していただくためにも可能な限り施術を受ける当人のみで来院されることをおすすめしています。

 

ただ、やむを得ない事情の場合、受け入れる体制は出来る限り尽くしております。

 

私も二人の子供がいますので、お母さんやお父さんが多忙であったり、近くに子供を見てくれる人がいないため、お子様を連れて外出しなければならない場合があることも重々承知しています。

 

施術中にお母さんと離れることが不安で泣いたり、お母さんの体から離れようとしなかったりする場合もあるかもしれません。

 

そのような時には十分な施術ができないこともあります。中途半端な施術ではその方のためになりませんので、そのようなケースには施術を中止させていただくことがございます。ご了承ください。

 

 

(院長:谷口一也)

この記事を書いた人

鍼灸院めぐる 院長

2010年「鍼灸整骨院めぐる」を開業。活法研究会で活法に出会い衝撃を受ける。それを機に保険での施術を停止する。2016年より「鍼灸院めぐる」と改名。スタッフと2名体制の鍼灸院で日々技術に磨きをかけている。気ままなブログ「はりパパ日記」も元気に更新中。

 

≫詳しいプロフィールを見る

カテゴリー: 鍼灸の疑問, はじめての方へ. タグ: , , .
  • 0120-696-630
  • アクセス
  • お問い合わせ
Twitter