愛媛県松山市の「はりきゅう専門」の鍼灸院 松前町からのアクセスも便利
ホーム
ブログ

こりは「引っ張られないようにがんばっている部分」と考える

" 首・肩こり, はじめての方へ, 鍼灸 "

2017年2月1日

こりを考える

「こり」は結果です。

 

「こり」を形成せざるを得ない原因があったということです。

 

kata02

人間の動きは筋肉の連動によって行われています。一つの筋肉が単独で動くことはありませんので、こりや痛みのある筋肉だけが問題とは言えません。

 

身体は常にバランスの良い状態でいることを望んでいます。そのためには筋肉は適度に緊張した状態となります。

 

筋肉は収縮と弛緩(ちぢめる力とゆるむ力)を時と場合によって使い分けています。筋肉の収縮によっておこる「引っぱる-引っぱられる」関係が適切であれば体は動きやすい状態です。

 

sample1
こりの改善といえば、

「筋肉を緩める」「ゆるゆるにしますよ~。」「ほぐします!」

 

こんな言葉を目にするこも多く、とにかく「緩める」ことが良いと思われがちですが、緩みすぎると力が入らなかったり動きのバランスを崩すことになります。緩めればよいわけではありません。

 

筋肉の作用である「収縮・弛緩」のうち弛緩だけを求めれば、私たちは立っていることも、座っていることもままならない状態を目指すことになります。

 

筋肉は適度に緊張した状態を保つことで動きやすく、軽い体になるのです。

筋肉の張力を整える

当院で実践している「整動鍼」は筋肉の張力に注目し、引っぱり合う力のバランスを整える鍼を行っています。

 

例えば、下の図のように肩こり(発現点)を感じている場合、こりや痛みを感じているところは「引っ張られるから、引っ張られないように耐えている部分」と解釈できます。

 

コリや痛みのある部分(発現点)に鍼やマッサージなどの刺激をすることは、一時的に過度な張力から解放されますが、またすぐに引っぱれないように耐える関係に戻ります。

 

web用

 

筋肉の連動をヒントに、引っぱっている側(原因)を探し、そこに刺激を加えることで引っぱりすぎていた力を適度な力に変化させることがコリの解決につながります。

 

引っぱっている側に対して、

 

「遠くの〇〇筋さんが引っ張られて疲れているから、引っぱらないでね。」

 

と鍼の刺激で伝えてあげるのです。

 

DSC05613600

 

筋肉の張力を調整する。

 

こう考えることで、コリの成り立ちや解決方法もシンプルに説明できます。筋肉の「張力」を調整することでコリを解消し、動きやすい体となるのです。

 

 

(院長:谷口一也)

この記事を書いた人

鍼灸院めぐる 院長

2010年「鍼灸整骨院めぐる」を開業。活法研究会で活法に出会い衝撃を受ける。それを機に保険での施術を停止する。2016年より「鍼灸院めぐる」と改名。スタッフと2名体制の鍼灸院で日々技術に磨きをかけている。気ままなブログ「はりパパ日記」も元気に更新中。

 

≫詳しいプロフィールを見る

カテゴリー: 首・肩こり, はじめての方へ, 鍼灸. タグ: .
  • 0120-696-630
  • アクセス
  • お問い合わせ
Twitter