愛媛県松山市の「はりきゅう専門」の鍼灸院 松前町からのアクセスも便利
ホーム
ブログ

お父さんと育児(2) 世界のイクメン事情

" 育児 "

2016年2月23日

世界のイクメン事情

前回の記事では、父親の育児参加の現状について調べてみました。〈お父さんと育児(1)〉

 

67ac426faca4fa5158aee67e7fbb6aa4_s

 

イクメンという言葉は普及し、父親の育児参加は珍しいものではなくっていますが、パタニティ・ハラスメントなど職場の雰囲気や理解の得られない風潮もあり、育児休暇を長期間取得することが難しいのが実情のようです。日本にはまだ「男性は仕事、女性は家事・育児」という空気が根強いことも、育休期間が短い理由の一つです。

 

では、世界各国のイクメン事情はどうなのでしょうか?今回は世界の育児事情を調べてみました。

日本人男性の育児時間は 39分

総務省の「社会生活基本調査」(平成23年)を見れば、6歳未満の子供のいる夫婦がそれぞれどのくらい家事と育児をしているのか確認することができます。

 

日本人の1日の家事・育児関連時間をみると、女性は1日平均7時間41分を家事に費やし、そのうち3時間22分は育児にあてていました。

 

一方で男性はというと、家事と育児をあわせて1時間7分。そのうち育児時間は平均わずか39分にすぎません。

 

 

16022201600

 

「男性の家事・育児時間の比較(社会生活基本調査)」

 

このデータによると、アメリカでは男性が1日のうち平均3時間13分(うち育児1時間5分)、スウェーデンでは平均3時間21分(うち育児1時間7分)を家事に費やしています。

 

世界的にみても日本のお母さんは多くの時間を育児に費やしている一方、お父さんの育児時間は極端に少ないと言わざるを得ません。

 

また、育児だけでなく家事全般の時間を見ても、世界との差は歴然です。むしろ日本人男性は家事に費やす時間を増やすことでお母さんの育児の負担を減らせると考えられます。イクメンよりカジメンが優先されるべきです。

 

日本人男性は世界一の長時間労働

では、なぜ日本人男性はこれほどまでに育児の時間が少ないのでしょうか。ただダメなお父さんが多いわけではなさそうです。その理由として考えられるのが、長時間労働

 

日本の男性は世界でも有数の長時間労働をこなしています。

 

bf590609444b46dcd2820acb31a2f5df_s

 

OECDの調査によると、日本人の休日も含めた1日あたりの平均労働時間は世界最長。一方でレジャーにかける時間は最短。特に都市部のサラリーマンは労働時間が長く、育児にかける時間がないという男性も多いと思われます。

 

国が「イクメン」を推進するのならば、長時間労働を良しとする空気を変えることも国として取り組む必要がありそうですね。育児に時間を使いたくても使えない現状があることも事実ですから。

 

 

(院長:谷口一也)

 

 

参考資料:OECD(国際労働比較2014)、総務省「社会生活基本調査」(平成23年)

この記事を書いた人

鍼灸院めぐる 院長

2010年「鍼灸整骨院めぐる」を開業。活法研究会で活法に出会い衝撃を受ける。それを機に保険での施術を停止する。2016年より「鍼灸院めぐる」と改名。スタッフと2名体制の鍼灸院で日々技術に磨きをかけている。気ままなブログ「はりパパ日記」も元気に更新中。

 

≫詳しいプロフィールを見る

カテゴリー: 育児. タグ: , , .
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 0120-696-630
  • アクセス
  • お問い合わせ
Twitter